Author Archive

補助標識

自動車用の標識に関しては、かなりの数が用意されており、中には一度も目にしたことが無いような標識まで存在していることも珍しいことではありません。

木目02

 

しかし、各標識に関しては、それぞれ必要とされている場所があるために、効果的に活用されているものが全国各地に点在しています。標識の中でも補助標識と呼ばれているものが存在しています。速度制限などを規制するような標識と似た意味合いを持っているものになりますが、例えば最大積載量に関する内容が記されているものが用意されています。

 

 

一般的には大型トラックや特殊車両を対象としていることが前提とされており、一般的な乗用車の場合では対象外とされていることが多い傾向にあります。

 

トラックの場合では、積み荷の部分についての積載量で設定されており、通行することを禁じられている標識が設置されている道路には進入することができません。この意味に関しては、道路状況によって大きく変わることになり、例えば道幅の狭い道路に設定されているものや、付近の住宅などに与える騒音や振動などを抑制することを目的として設置されているケースもあります。荷物を積み込む大型車両などを運転する際には、必ず事前に積載量等を確認しておくことが求められています。

案内標識

自動車運転に関しては、道路交通法などによって様々なルールというものが設定されていますが、実際に運転免許を取得する際には、試験が行われることになり、試験内容には案内標識に関する内容も含まれています。

 

標識にも非常に数多くの種類のものが用意されていますが、青色と緑色に分かれて設定されているものも目にすることができます。一般的に認識されている内容では、青色の標識の場合では、一般的な道路上で効果を発揮することになり、緑の標識に関しては高速道路に対応していることになります。案内として記されている内容については、標識の設置されている場所から、主要となる目的地の名称と同時に、距離数なども記されていることが一般的になります。

 

 

注意喚起などを行うために用意されている標識ではなく、目的地にスムーズに誘導することを目的としているものになり、運転上としては役立つ標識として認知されています。矢印によって方向なども記されているものも存在しているために、前方に交差点などがある場合でも、非常に効果的に活用することができます。国内では全国的に共通の形式のものが利用されているために、どのような地域に出向いた場合であっても、分かりやすいことが特徴になります。

警戒標識

移動するために私達が利用している道には、国で定められたルールがあります。
標識としてルールを表しているのですが、特に気をつけなければいけないのは警戒標識です。
これは自分の命や歩行者の命を守るためにとても大切な役割を果たしています。
横断歩道あり等の標識は近くに歩行者がいるかもしれませんね。
よく言われるのは子供はよく飛び出してしまうということです。
自分の目の前を見ていることによって、他の周りの事を気にする余裕がないかもしれません。
なので、車が来ているか確認をしないで飛び出してしまうことが多いのでしょう。
どこから飛び出してくるかわかりませんし、小さいお子様は何かの影に隠れてしまうこともあるかもしれませんね。
学校、幼稚園ん、保育園等ありの標識を見たら特に注意して運転をしましょう。

 

 

幅員減少は車線の数が少なくなるわけではありません。
ですが、道の幅が狭くなるために歩行者の方が歩くスペースが狭くなってしまいます。
そうなると車線にはみ出してしまう可能性がありますね。
そういった場合も非常に危険なので、あまりスピードは出さずに安全な運転を心がけましょう。

 

 

このように危険がある可能性を知らせてくれる標識ですので、見逃さないようにしてすべての人が安心して道を利用できるといいですね。

指示標識

路面電車が走る街をクルマで走る時は、慣れていないと戸惑うことも多いもの。特に注意しなければならないのは、その場所が軌道敷内通行可かどうかということです。つまりクルマが路面電車の軌道(線路)内に入って良いかどうかということで、これは場所によって異なります。路面電車が走る街へ行ったら、まずは指示標識を確認しましょう。軌道敷内進入禁止の場所で軌道に入ると通行区分帯違反となるだけでなく、路面電車と衝突や接触の危険が大きくなります。路面電車の最高速度は時速40km程度ですが、当然ながら障害物の回避はできませんし、制動距離もクルマよりずっと長くなるので、衝突してしまうことも多いのです。

 
特に、軌道を横切って右折する時が危険です。右折中に直進車を待つ際に、軌道内に入って良いのか軌道の手前で止まるのかは、その場所の規制内容を知らないと判断できません。誤った場所に停まると後続車にクラクションを鳴らされたり、電車に警笛を鳴らされたりして慌てることになります。慌てて発進してしまって路面電車や直進車と衝突というような事故も、決して少なくありません。

 
また、信号の無い交差点で路面電車と交差する場合は、どちらが優先道路かを良く確かめてから進みましょう。多くの場合、路面電車の軌道がある方が優先道路となりますが、そうでないケースもあります。

規制標識

規制標識は多種多様なものがあります。

 

たとえば、車両進入禁止標識。この標識は車が進入できないことを表しており、一方通行の出口などに設けられています。この標識によって一方通行路の安全を確保するために非常に役立っています。

 

また時間帯を指定することでスクールゾーンの安全確保など子供の安全を守る際に活躍する標識ともいえます。さらに車両横断禁止標識があります。車両横断禁止の標識がある場所では、道路に面した右側の施設やお店などへ横断することができないないようになっています。

 

曲がった先が施設や店舗など道路ではない場所であることが一つの条件となりますので、横断したあとが道路であれば、それは右折となりこの標識の規制対象外となります。右折禁止標識とは道路事情等により右折を制限する標識です。

 

時間帯によって制限する場合、渋滞の回避、安全性の確保等に非常に重要でもあります。このように標識には様々な種類がありますが、昨今の自動車社会となった今交通規制は欠かせません。その一端を担う標識はとても大切な役割をになっており、また何よりドライバーがその意味をしっかりと知り、習得することで自動車の運転を行わなければいけません。

 

交通規制などを示す標示板

車を公道で走行させる際に重要な目印になるのが標識です。
法律で定められている通りに標示板を確認しながら、車を運転することによって事故を未然に防ぐ効果があります。
標示板はドライバーが一目で分かるように目立つ色で図示がされており、それぞれにドライバーに注意を呼びかけるものから速度規制などを促すものまで存在しています。

 
丸い標示板に赤い斜線が描かれているものは特定の進行の禁止を表しています。
青色に白い矢印があるものは、矢印が示している方向のみにしか進行することが出来ません。
赤い縁に白い下地の上に青い数字が書かれている時には、重量や速度制限に関する情報が描かれています。
このように交通規制などを示す標示板は数多く存在しており、高速道路や国道などに設置されています。
踏切があったり、道路工事中であったり、落石の恐れがある場合に注意を促したりする為の標示板には黄色の下地に黒で注意を促すイラストが書かれています。

 
高速道路には緑色の下地に白で高速道路の出入り口を案内が書かれていたり、一般道では青色の下地に白で進行先がどのように道が分かれているのかが書かれています。

 
ドライバーはこの案内板を見てどのルートで高速を下りるのか、どの交差点を通って目的の方向へ進めるのかを知ることが可能です。

違反をするとこんな罰則があります

交通規則を遵守することは、自動車を運転する身分の人間は必ず実践する必要のあることなのですが、やはり、悲惨な事故が毎日のように発生しています。交通法規の違反には、大きく分けると3つの罰則があります。

 

1つ目が刑事罰です。軽微な罰に関しては、反則金を納めることによって、その責任から逃れることができるようになっていますが、重大なものであれば、懲役刑などの刑罰が科せられることになります。主な例としては、飲酒運転やひき逃げなどです。最悪の場合には、無免許運転との併科で、22年の懲役刑が科せられることにもなります。

 

 

2つ目が民事罰です。被害者や損害物的に対しての、賠償責任が発生することがほとんどです。もしも、人的被害を与えてしまい、その結果として、被害者が死亡した場合には、数億円の損害賠償が発生する場合もあります。また、人でなかった場合でも、高価なものであれば、数千万円の賠償請求がある場合もあります。

 

 

3つ目が行政罰です。これは、運転免許を所有している者に対して、そのライセンスを剥奪することができる権利です。主な罰としては、運転免許停止などがあります。また、年間の反則点数があまりにも多い場合には、免許の抹消もあり得ます。

違反運転をなくして安全なドライブ

スピードの出しすぎや、一時停止無視などいたるとこで違反運転が繰り返されています。危険な運転は一歩間違えれば大変なことになります。例えばスピードの出しすぎで、前の車に激突をしたりとか、歩行者を避けることができなかったなどがあります。ちょっとの事で取り返しのつかないことになることもあるので注意が必要なのです。
 

そんな危険な運転の中でも一番言われていることが携帯電話で話しながらの運転です。会話に夢中になり、周りの景色の変化に対応できなくなってしまい事故を起こすケースがあります。短時間だから問題ない、自分はちゃんと周りを見ているなど下手な過信をすることで大きな事故を招く結果になります。運転時は他の事を一切やめ、それだけに集中することが大事になります。ちょっとだから大丈夫のその気持ちが危険なのです。
 

それと危険な運転をする人たちは、基本的に焦っています。何に追い詰められているのかはわかりませんが、焦りながら運転をしている人を見かけます。運転をする上で気持ちはとても重要です。あせったまま運転をしては大変なことになります。運転時はゆとりのある気持ちで運転をしましょう。運転は、それだけに集中してゆとりのある気持ちで行いましょう。

交通マナーを守って安全楽しいカーライフ

車を運転する上で気を付けなければならないのは交通マナーです。マナーを怠れば、大変な事故になる可能性もあるので日頃から意識することが大事です。交通に関係するマナーは自動車学校で教えてくれます。しかし基本的なマナーだけなので、道路に出たら自分で考えないようにしないといけません。見通しの悪い交差点から人が出てくる可能性はないのか、一時停止を無視して角から出てくる車はないのかなど、常に予測することが大事です。常に予測するとは言っても、気を張っているばかりでは意味がありません。気を張ってばかりいると、いざというときに咄嗟の行動ができなくなってしまい、交通事故に繋がることもあります。なのでマナーを考える時はゆとりのある気持ちで考えるようにしましょう。

 
運転者全員がゆとりのあるマナーを実行すれば、事故は減り安全な運転をすることができます。常に相手の事を考え、次にどんな行動をするのかを考えるようにしましょう。マナーを守っていれば、自分の事を守るだけでなく、自分の周りの人も守ることができます。中々常に守ることは難しいですが、すこしずつ考えていくことで、それが習慣となり常にマナーを守れるようになることができます。