違反をするとこんな罰則があります

交通規則を遵守することは、自動車を運転する身分の人間は必ず実践する必要のあることなのですが、やはり、悲惨な事故が毎日のように発生しています。交通法規の違反には、大きく分けると3つの罰則があります。

 

1つ目が刑事罰です。軽微な罰に関しては、反則金を納めることによって、その責任から逃れることができるようになっていますが、重大なものであれば、懲役刑などの刑罰が科せられることになります。主な例としては、飲酒運転やひき逃げなどです。最悪の場合には、無免許運転との併科で、22年の懲役刑が科せられることにもなります。

 

 

2つ目が民事罰です。被害者や損害物的に対しての、賠償責任が発生することがほとんどです。もしも、人的被害を与えてしまい、その結果として、被害者が死亡した場合には、数億円の損害賠償が発生する場合もあります。また、人でなかった場合でも、高価なものであれば、数千万円の賠償請求がある場合もあります。

 

 

3つ目が行政罰です。これは、運転免許を所有している者に対して、そのライセンスを剥奪することができる権利です。主な罰としては、運転免許停止などがあります。また、年間の反則点数があまりにも多い場合には、免許の抹消もあり得ます。

Comments are closed.