補助標識

自動車用の標識に関しては、かなりの数が用意されており、中には一度も目にしたことが無いような標識まで存在していることも珍しいことではありません。

木目02

 

しかし、各標識に関しては、それぞれ必要とされている場所があるために、効果的に活用されているものが全国各地に点在しています。標識の中でも補助標識と呼ばれているものが存在しています。速度制限などを規制するような標識と似た意味合いを持っているものになりますが、例えば最大積載量に関する内容が記されているものが用意されています。

 

 

一般的には大型トラックや特殊車両を対象としていることが前提とされており、一般的な乗用車の場合では対象外とされていることが多い傾向にあります。

 

トラックの場合では、積み荷の部分についての積載量で設定されており、通行することを禁じられている標識が設置されている道路には進入することができません。この意味に関しては、道路状況によって大きく変わることになり、例えば道幅の狭い道路に設定されているものや、付近の住宅などに与える騒音や振動などを抑制することを目的として設置されているケースもあります。荷物を積み込む大型車両などを運転する際には、必ず事前に積載量等を確認しておくことが求められています。

Comments are closed.