交通規制などを示す標示板

車を公道で走行させる際に重要な目印になるのが標識です。
法律で定められている通りに標示板を確認しながら、車を運転することによって事故を未然に防ぐ効果があります。
標示板はドライバーが一目で分かるように目立つ色で図示がされており、それぞれにドライバーに注意を呼びかけるものから速度規制などを促すものまで存在しています。

 
丸い標示板に赤い斜線が描かれているものは特定の進行の禁止を表しています。
青色に白い矢印があるものは、矢印が示している方向のみにしか進行することが出来ません。
赤い縁に白い下地の上に青い数字が書かれている時には、重量や速度制限に関する情報が描かれています。
このように交通規制などを示す標示板は数多く存在しており、高速道路や国道などに設置されています。
踏切があったり、道路工事中であったり、落石の恐れがある場合に注意を促したりする為の標示板には黄色の下地に黒で注意を促すイラストが書かれています。

 
高速道路には緑色の下地に白で高速道路の出入り口を案内が書かれていたり、一般道では青色の下地に白で進行先がどのように道が分かれているのかが書かれています。

 
ドライバーはこの案内板を見てどのルートで高速を下りるのか、どの交差点を通って目的の方向へ進めるのかを知ることが可能です。

Comments are closed.