警戒標識

移動するために私達が利用している道には、国で定められたルールがあります。
標識としてルールを表しているのですが、特に気をつけなければいけないのは警戒標識です。
これは自分の命や歩行者の命を守るためにとても大切な役割を果たしています。
横断歩道あり等の標識は近くに歩行者がいるかもしれませんね。
よく言われるのは子供はよく飛び出してしまうということです。
自分の目の前を見ていることによって、他の周りの事を気にする余裕がないかもしれません。
なので、車が来ているか確認をしないで飛び出してしまうことが多いのでしょう。
どこから飛び出してくるかわかりませんし、小さいお子様は何かの影に隠れてしまうこともあるかもしれませんね。
学校、幼稚園ん、保育園等ありの標識を見たら特に注意して運転をしましょう。

 

 

幅員減少は車線の数が少なくなるわけではありません。
ですが、道の幅が狭くなるために歩行者の方が歩くスペースが狭くなってしまいます。
そうなると車線にはみ出してしまう可能性がありますね。
そういった場合も非常に危険なので、あまりスピードは出さずに安全な運転を心がけましょう。

 

 

このように危険がある可能性を知らせてくれる標識ですので、見逃さないようにしてすべての人が安心して道を利用できるといいですね。

Comments are closed.