規制標識

規制標識は多種多様なものがあります。

 

たとえば、車両進入禁止標識。この標識は車が進入できないことを表しており、一方通行の出口などに設けられています。この標識によって一方通行路の安全を確保するために非常に役立っています。

 

また時間帯を指定することでスクールゾーンの安全確保など子供の安全を守る際に活躍する標識ともいえます。さらに車両横断禁止標識があります。車両横断禁止の標識がある場所では、道路に面した右側の施設やお店などへ横断することができないないようになっています。

 

曲がった先が施設や店舗など道路ではない場所であることが一つの条件となりますので、横断したあとが道路であれば、それは右折となりこの標識の規制対象外となります。右折禁止標識とは道路事情等により右折を制限する標識です。

 

時間帯によって制限する場合、渋滞の回避、安全性の確保等に非常に重要でもあります。このように標識には様々な種類がありますが、昨今の自動車社会となった今交通規制は欠かせません。その一端を担う標識はとても大切な役割をになっており、また何よりドライバーがその意味をしっかりと知り、習得することで自動車の運転を行わなければいけません。

 

Comments are closed.