案内標識

自動車運転に関しては、道路交通法などによって様々なルールというものが設定されていますが、実際に運転免許を取得する際には、試験が行われることになり、試験内容には案内標識に関する内容も含まれています。

 

標識にも非常に数多くの種類のものが用意されていますが、青色と緑色に分かれて設定されているものも目にすることができます。一般的に認識されている内容では、青色の標識の場合では、一般的な道路上で効果を発揮することになり、緑の標識に関しては高速道路に対応していることになります。案内として記されている内容については、標識の設置されている場所から、主要となる目的地の名称と同時に、距離数なども記されていることが一般的になります。

 

 

注意喚起などを行うために用意されている標識ではなく、目的地にスムーズに誘導することを目的としているものになり、運転上としては役立つ標識として認知されています。矢印によって方向なども記されているものも存在しているために、前方に交差点などがある場合でも、非常に効果的に活用することができます。国内では全国的に共通の形式のものが利用されているために、どのような地域に出向いた場合であっても、分かりやすいことが特徴になります。

Comments are closed.